Browsed by
カテゴリー: 牛たん

牛タンの歴史を味わおう!

牛タンの歴史を味わおう!

AdobeStock_17252381

牛タンといえばサーロインステーキなどと同様に、牛肉の中でも別格のような風潮があります。それに牛タンというのをネットで調べてみると、いつも出てくるのが仙台の牛タンというサイトなどです。そうなると、どうして牛タンが仙台なのかな?といった疑問さえ湧き起ってきます。ちなみに日本三大和牛といえば、神戸牛と松阪牛、それに近江牛か米沢牛というのが一般的です。従って、仙台牛なんていうのは聞いたことすらありません。もちろん、仙台市は宮城県なので東北地方に入ります。ところがその東北地方では、山形県の米沢牛のほうが有名です。

そうしたこともあって牛タンの歴史について調べてみると、どうやら牛タンを塩焼きにして食べるという食べ方のスタイル自体が仙台から始まったのだそうですね。しかも、仙台に住んでいるある焼き肉店の店主がいろいろと試行錯誤をした末に、考え出したメニューなのだそうです。そして、牛の舌という部位を焼き肉にして食べるというのも、仙台のある焼き肉店の店主が元祖のようですね。

詳しくはこちらの記事へ
→ 特上牛タンと普通の牛タン、なにが違う?

確かに牛タン限らず、プロの料理人というのは食べ物に関してはこだわりというものがあるでしょうね。今流行りのラーメンにおいてもそうです。自分のお店を立ち上げるためには、数百万円とか数千万円相当の資金投資というものが必要になります。そんなナケナシのお金を投資した後、お店が繁盛しなければどうしようもありません。そうなれば、奥さんも愛想を尽かしてしまうことでしょうね。

話が随分と逸れてしまいましたが、牛タンの歴史といえば仙台にある焼き肉店の店主の一大奮起があったということのようですが、それと同時にアメリカ軍が、敗戦後の日本に進駐してきたという歴史も関係しているようなのです。確かにアメリカ人というのは、牛肉を大量に食べますからね。しかも、牛の尻尾や舌の部分なんかは食べないので、そのおこぼれを日本人が頂戴したというのが発端のようですね。

牛タンの美味しい食べ方教えます!

牛タンの美味しい食べ方教えます!

牛タンの美味しい食べ方

牛タンに限らずどんなお肉にもいえることなのですが、やはり美味しい食べ方の究極は七輪による炭火焼です。通常のホットプレートやフライパンで焼くのとどう違うのかと申しますと、炭火による遠赤外線効果によってお肉の中まですばやく火が通るので、外側はカリッとしていながらも内側が柔らかくてジューシーなのです。その代り、ホットプレートやフライパンで焼くのとは違って、七輪や炭火・炭火チャッカー等をホームセンターで買ってくる必要があるので、準備するのが多少面倒かもしれませんね。それでも美味しい牛タンを食べたいという方は、一度試してみるのもよいでしょうね。もちろん、単にホットプレートで牛タンを焼くというのでも構いません。ただし冷凍したお肉は、水にさらしたり自然解凍した後フライパンに乗せるのがベストです。そうしないと、外側ばかりが焼けてしまい内側だけは生ということがよくあります。

それから近頃ではインターネット通販が流行っているので、牛タンの本場仙台の人気店などから真空パックされた牛タンを取り寄せることも可能です。
(参考:仙台に遊びに来た友達と、美味しい牛タンを食べました

やはり牛タンの本場仙台の人気店ともなると、牛タンに対しての力の入れようが違うし、何よりも牛タンの歴史というのもあります。例えば通常の牛タンといえば、薄くスライスされた生肉というイメージがありますが、仙台の牛タンは厚切りなのです。ちなみに仙台の牛たんを初めて目にした方であれば、牛タンに対する今までの常識が覆されてしまうほどの衝撃を覚えることでしょうね。おまけに、人気店独自の秘伝のタレで味付けがされているのです。何はともあれ、百聞は一見にしかずということわざのごとく、興味のある方は一度通販で取り寄せてみるといいと思います。

その他にも通販などでは、牛の舌を丸ごと取り寄せることも可能なので、舌の根元の硬い部分は牛タンシチューやタンカレーなどに調理してみるのも美味しくいただくコツだと思います。

仙台に遊びに来た友達と、美味しい牛タンを食べました

仙台に遊びに来た友達と、美味しい牛タンを食べました

仙台の牛タン

普段私は仙台に住んでいるので、牛タンといっても食べなれているのです。もちろん贅沢な話なのかもしれませんが、そんなことでこの前友達が仙台に遊びに来たので、美味しい牛タンの専門店に案内してあげました。ところで私も仙台の牛タン専門店で、初めて牛タン料理を食べた時にはびっくりしたことを覚えています。何せ、通常の焼き肉店で牛タンを注文すると、薄くスライスしただけの生肉の牛タンが出てくるだけなのですからね。

一方、仙台にある牛タン専門店というのは、とにかくこれがあの牛タンか?と思えるくらいに分厚くカットされている点です。おまけに、さすが仙台が牛タンの本場と思わせる点は、牛タン定食なるメニューがお店にあるという点です。しかも、生姜焼定食のようにすでに牛タンに味付けがされており、塩ダレとかレモン汁をかけただけの味付けとは違ってこってりとした味付けがされているのです。従って、見た目は焼肉定食そのものといえるでしょうね。
(参考:牛タンはおいしいだけじゃなく体に嬉しい効果があった!

もちろん実際に食べてみると、やはり牛タン特有のサクサクとした歯触りです。

従って私の友達も仙台の牛タンを食べて、その美味しさには驚いていました。今度、家族連れで仙台に旅行にでも来るようなことがあれば、カミさんや子供さんにも食べさせてあげたいといっていました。それに、牛タンと一緒に牛のテールスープが出てくるようなお店もあるのです。このテールスープも美味しいというだけはなく、コラーゲンがたっぷりと含まれているので、女性の方にとっては美肌効果があるので喜ばれると思うのです。もちろん、コラーゲンは美肌効果があるというだけでなく、年を取ると関節が痛くなるとよくいいますが軟骨成分もコラーゲンです。おまけに仙台で牛タン定食を注文すると、牛タンとテールスープそれに麦とろご飯というセットが今や定番ともなっています。中々他の地域では、食べることのできない仙台ならではのメニューだと思っています。

牛タンはおいしいだけじゃなく体に嬉しい効果があった!

牛タンはおいしいだけじゃなく体に嬉しい効果があった!

体に嬉しい牛タン

焼き肉店に行くと必ず注文するというのが、牛タンだと思います。もちろん、わざわざ焼き肉店まで出向いたのに、牛タンしか注文しない!という方もいらっしゃらないとは思います。当然、カルビやロースといった焼き肉の王道ともいえる肉を食べた上で、牛タンとかレバー、あるいはホルモンなどを注文するのでしょうけど。

それはいいのですが、牛タンはおいしいというだけじゃなく体にも嬉しい効果というのがあるようなのです。要するに、いろんな栄養成分がギッシリと詰まっているということです。それではどのような栄養成分が詰まっているのかと申しますと、大まかにはタンパク質と脂肪成分から構成されています。またカロリー面に関しても、とにかく牛タンといえば女性の方にも人気のある部位でもあるので、カロリーを気にするという女性の方も多いと思うのです。それで、脂肪分の少ないヒレの部分や牛のモモに比べると、当然カロリーも高くはなると思います。

詳しくはこちらの記事へ
→ 牛タンの美味しい食べ方教えます!

その代り、脂肪成分が多いとされる牛バラやサーロインに比べると、カロリーも低くなるというようなところです。そういう意味では、極端にカロリーが低くてヘルシーというワケではないようです。

ただし、その他の栄養成分が豊富に含まれているのが、牛タンがおいしいというだけではない魅力の一つだと思います。具体的に申しますと、ビタミン成分やミネラル成分が豊富に含まれています。例えば、牛タンに含まれているビタミン成分の中でもビタミンB2やナイアシンという栄養素は、炭水化物などの糖分を燃焼してエネルギーに変換してくれる効果があるといわれています。あるいは牛タンの鉄分は、貧血を防いでくれるという働き以外にも、酸素を全身に効率よく運んでくれるという働きをしてくれます。それに、活性酸素を酵素と一緒になって分解してくれるという効果もあります。さらに、お肌には欠かせないコラーゲンを作るのにもタンパク質や鉄は大切です。